中世における自由と超越 - クラウス・リーゼンフーバー

クラウス 中世における自由と超越 リーゼンフーバー

Add: yfediqyw84 - Date: 2020-12-02 10:11:07 - Views: 341 - Clicks: 1008

「スコトゥスの思索を手がかりとしながら、ウィリアム・オッカム(William Ockham)は、古典形而上学の枠組から自由論を解き放ち、自律的な決断の自由と. 『中世思想史 (平凡社ライブラリー)』(クラウス・リーゼンフーバー) のみんなのレビュー・感想ページです(8レビュー)。作品紹介・あらすじ:歴史の見方が大きく変わりつつある。中世は近代によって克服されるべき停滞期ではなかった。固有の歴史性を踏まえた思想史が求められる。. ¥5,500 (送料:¥470~) 著者 k.

中世における自由と超越: 副 題: シリーズ: 著訳編者: リーゼンフーバー,k / 著 (リーゼンフーバー) 著者紹介: 本体価格: a5判 / 600 頁 9,000円 刊行年月: 1988年: 在庫有無. 研究成果の概要:本研究では、思想史を中世から近世へと促進させた重大な原動力は人格理解と自己認識の理論にあったことを示すことが出来た。知性単一説を論破した後、後期スコラ学者は個人の理解行為と自己規定とともに自己意識の絶対的確実性を人格の特徴とした。それに基づき、人間. 中世における自由と超越 -人間論と形而上学の接点を求めて-フォーマット: 図書 責任表示: K. クラウス・リーゼンフーバー小著作集 フォーマット: 図書 責任表示: クラウス・リーゼンフーバー著 出版情報: 東京 : 知泉書館,. クラウス・リーゼンフーバー『中世における自由と超越―人間論と形而上学の接点を求めて』酒井一郎ほか訳、創文社、1988年。isbn。 j・b・モラル『中世の政治思想』柴田平三郎訳、平凡社〈平凡社ライブラリー〉、年。 isbn。.

) Philosophie im Mittelalter, Felix. クラウス・リーゼンフーバー小著作集 1 - クラウス・リーゼンフーバー/著 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。. 中世思想研究 (44), 114-124,. 自由観の歴史的変遷 クラウス・リーゼンフーバー著 本間英世訳.

クラウス・リーゼンフーバー(著)/ 釘宮 明美(編集). ; 22cm 著者名: K. 信仰と幸い : キリスト教の本質. 中世における自由と超越 -人間論と形而上学の接点を求めて-Format: Book Responsibility: K. チョーサーの芸術とヒューマニズムー文体論的見地から 桝井迪夫著. 本巻では、信仰における超越との関わりとは何かということが詳細に論じられる。第1部. (1)感覚的現象における超越の啓示/(2)純粋な完全性の肯定/(3)限界の超克としての否定/(4)沈黙の闇におけ.

トマス・アクィナスにおけるプラトニズム 「中世思想研究」19号: s 52. K・リーゼンフーバー著 『中世哲学の源流』 創文社. 10 クラウス・リーゼンフーバー小著作集 / クラウス・リーゼンフーバー著 3.

講師: クラウス・リーゼンフーバー (上智大学名誉教授、同中世思想研究所元所長). 内容: ダンテは中世人かルネッサンス人か 野上素一著. 提題 信仰と理性--カンタベリーのアンセルムスにおける神認識の構造 (シンポジウム 論題 中世哲学と現代--なき神) リーゼンフーバー クラウス.

クラウス・リーゼンフーバー『中世における自由と超越―人間論と形而上学の接点を求めて』酒井一郎ほか訳、創文社、1988年。 isbn。 クラウス・リーゼンフーバー 著『中世哲学の源流』創. リーゼンフーバー クラウス 上智大学, 文学部, 教授斉藤 寛海 信州大学, 教育学部, 教授中江 彬 大阪府立大学, 総合科学部, 教授伊藤 和行 京都大学, 大学院・文学研究科, 助教授 クラウス・リーゼンフーバー 1938年、ドイツ生まれ。1958年イエズス会入会。1967年、ミュンヘン大学卒業。哲学 専攻。上智大学名誉教授。著書に『中世における自由と超越』『中世哲学の源流』(以上、. リーゼンフーバー,クラウスリーゼンフーバー,クラウス. 知泉書館. Journal Article 否定神学・類比・弁証法--ディオニュシオス、トマス、クザーヌスにおける言語の限界と超越の言表可能性--. リーゼンフーバー,クラウス. 四 超越者に開かれる自由. com : 45 科研費研究者番号 :所属 年度 (平成19年度) 上智大学 ・文学部・教授 ※日本の研究.

研究者番号 日本の研究. テューダー王朝における農夫ピァズの運命 生地竹郎著. Language: Japanese Published: 創文社 Description: 591p. 西洋古代・中世哲学史 平凡社ライブラリー / クラウス・リーゼンフーバー 【全集・双書】. 著訳者など: クラウス・リーゼンフーバー. 古代・中世における認識と存在― 哲学の. 12 形態: 5冊 ; 20cm 著者名: Riesenhuber, Klaus, 1938- 書誌ID: BB19477167.

中世における自由と超越 人間論と形而上学の接点を求めて ¥7,130 著者 K. xiv+704+32頁 153 宮内久光 本書は十八章から成る700ページを超える大著である. 1938- ; 酒井 一郎 出版情報: 東京 : 創文社 形態: 8,591,20p ; 22cm 著者名:.

(1)感覚的現象における超越の啓示/(2)純粋な完全性の肯/. 1985年から95年にかけて のそれぞれ独立した論文から構成されているが,全体は緊密に組織づけられた有機的 総体をなして. 中世における自由と超越: 人間論と形而上学の接点を求めて フォーマット: 図書 責任表示: リーゼンフーバー, K. 1988年 『中世における自由と超越』 創文社 1995年 『内なる生命』 聖母の騎士社 『中世哲学の源流』 創文社 年 『西洋古代・中世哲学史』 平凡社ライブラリー 年 『中世思想史』 平凡社ライブラ. ; 22cm Authors: K.

/01/11(水):バルトとラーナー:理性の限界と超越 (リーゼンフーバー). クラウス・リーゼンフーバー『中世における自由と超越―人間論と形而上学の接点を求めて』 酒井 一郎ほか訳、創文社、1988年。 ISBN。 クラウス・リーゼンフーバー 著『中世哲学の源流』創文社、1995年。. 40年余にわたって書かれたクラウス・リーゼンフーバーの諸論考を集成。4は、思想と哲学の根本的問題の幾つかを取り上げ、思想史の広い視野から、その歴史的起源や思想史的発展、現代的意義に関して検. 超越体験 : 宗教論 クラウス・リーゼンフーバー著 ; 釘宮明美編集 (クラウス・リーゼンフーバー小著作集 / クラウス・リーゼンフーバー著, 1) 知泉書館,.

クラウス・リーゼンフーバー小著作集 1 超越体験. クラウス・リーゼンフーバー『中世における自由と超越―人間論と形而上学の接点を求めて』酒井一郎ほか訳、創文社、1988年。 isbn。 クラウス・リーゼンフーバー『中世思想史』村井則夫訳、平凡社、年。 isbn。. クラウス・リーゼンフーバー(Klaus Riesenhuber, 1938年 - )は、ドイツ出身の哲学者、思想史研究者。ローマ・カトリック 司祭、イエズス会士。上智大学 文学部 哲学科名誉教授、同大学中世思想研究所 元 所長。1991年から1999年まで放送大学客員講師も務めた。.

スは、人格の存在論を意識論的に解釈し、人格に固有な完結性を「孤独」と神への自己超越との間の緊張関係において位置づけた。. 中世における自由と超越 : 人間論と形而上学の接点を求めて <上智大学中世思想研究所中世研究叢書>. K.リーゼンフーバー 略歴 〈リーゼンフーバー〉1938年フランクフルト生まれ。上智大学教授、同中世思想研究所所長。著書に「中世における自由と超越」「中世哲学の源流」がある。.

中世における人格理解の発展-スコラ学と神秘思想から人文主養へ. リーゼンフーバー: 根本決断の構造 「カトリック研究」32号: 上智大学. 超越体験―宗教論(クラウス・リーゼンフーバー小著作集〈1〉) 単行本の通販ならヨドバシカメラの公式サイト「ヨドバシ. クラウス・リーゼンフーバー著 ; 釘宮明美編集. クラウス・リーゼンフーバー小著作集Ⅰ超越体験 宗教論. (1)神の間題と自己に対する問い/(2)自由な存在としての人間/. (7/21時点 - 商品価格ナビ)【製品詳細:書名カナ:チュウセイ ニ オケル ジユウ ト チョウエツ ニンゲンロン ト ケイジジョウガク ノ セッテン オ モトメテ|著者名:クラウス・リ-ゼンフ-バ-、酒井一郎(社会学)|著者名カナ:リーゼンフーバー.

アウグスティヌスにおける神の知り方について — Soliloq. 9: 泉 治典: リーゼンフーバー「中世における自由と超越」創文社,1988年: 日本の神学28: キリスト教学会: 89. 言語: 日本語 出版情報: 創文社 形態: 591p. リーゼンフーバー 著 出版社. リーゼンフーバー: 自由観の歴史的変遷 「中世とルネサンス」 ルネサンス研究所 上智大学 荒竹出版: s 52. Webcat Plus: クラウス・リーゼンフーバー小著作集, 本巻では、思想と哲学の根本的問題を歴史的起源や思想史的発展、現代的意義に関して検討し、思想史の広い視野から、その歴史的背景に照らして展開す. 一 哲学史上の視野における自由のディレンマ (1)ギリシア思想における選択と決断 (2)中世盛期思想における善の呼びかけ (3)中世末期の自由論.

9: 泉 治典: Beckmann, u. Pontaポイント使えます! | 中世における自由と超越 - クラウス・リーゼンフーバー 信仰と幸い キリスト教の本質 クラウス・リーゼンフーバー小著作集 | クラウス・リーゼンフーバー | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法も. リーゼンフーバー著「中世における自由と超越」創文社,1988年: 中世思想研究31: 中世哲学会: 89.

リーゼンフーバー『われらの父よ―「主の祈り」を生きるために』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. クラウス・リーゼンフーバークラウス. 2-5: 宮内 久光: トマスにおける可知的形象の意味: クラウス・リーゼンフーバー: 中世における自由概念の諸観点. リーゼンフーバー 著. 本研究は、西洋中世における倫理学の基礎付けの発展を、古代末期キリスト教思想の伝統から修道院神学と前期スコラ学を経て、特に盛期スコラ学に重点を置きながら、中世末期まで辿り、倫理思想の異なった諸形態を構造的に分析し、また、それらが影響を受けた思想と当時の心性を解明する. 中世における自由と超越 書名ヨミ: チュウセイ ニ オケル ジユウ ト チョウエツ: 人間論と形而上学の接点を求めて: 叢書名: 上智大学中世思想研究所中世研究叢書: 言語区分: 日本語: 著者名: k・リーゼンフーバー/著: 著者名ヨミ: リーゼンフーバー クラウス.

中世における自由と超越 - クラウス・リーゼンフーバー

email: sirutuwa@gmail.com - phone:(330) 372-9123 x 5896

3人はなかよしだった - 三木卓 - ネットvs リアルの衝突

-> 856 T’beau3 ピュアレッド 4月始まり 2014
-> 東亜学園高等学校 15年度用

中世における自由と超越 - クラウス・リーゼンフーバー - FLEET 宮嶋茂樹 MIGHTY


Sitemap 1

チャイナ・メン - マキシーン・ホン・キングストン - 福嶋宏訓 週間で分かる基本情報技術者集中ゼミ